老猫になってくると爪とぎをしなくなると言います。猫の爪とぎは本能のようなもので、どんな猫でも行う動作です。中には爪とぎをしないという猫もいるようですが、ごく少数派でしょう。年齢を重ねると、愛猫の爪そして肉球にどのような変化が起こるのか、そしてその対処方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

なぜ爪をとぐの?

 

爪をとぐ猫

 

愛猫がソファやテーブルなどの角で爪をとぎ、ボロボロになってしまったということは、猫と一緒に生活している人であれば良くあることだと思います。猫はなぜ爪をとぐのでしょうか。まれに、爪をとがないという猫もいるようですが、多くの猫は爪をとぐ動作を行います。猫が爪をとぐ理由はこのようなことであると考えられます。

  • 匂いをこすりつけるマーキング
  • パフォーマンス
  • 爪を鋭くする
  • 生まれ変わる爪の外層を取り除く
  • ストレス

 

爪は常に生まれ変わっているため、古い爪がポロポロと落ちます。これら古くなった爪の外層を取り除くため、また肉球周辺から出る匂いをこすりつけることで、マーキング縄張り付けを行っていることなどが大きな理由として挙げられます。

 

老化によって爪や肉球はどう変わる?

 

年齢を重ね老猫になると、爪や肉球に大きな変化が現れます。その理由のひとつとして、老化により以前よりも積極的に爪とぎを行わなくなったことが挙げられます。爪とぎの回数が減少してしまうと、爪が伸び放題になり、巻き爪になってしまいます。巻き爪になると、くるりと丸まってしまった爪が肉球に刺さり、ケガをしてしまう危険性が出てきます。

 

また、爪を伸び縮みさせる筋が衰えてしまい、爪が出たまま戻らないということも。肉球は柔らかいため、傷ができ、そこから化膿してしまうこともあります。また、年齢とともに肉球が乾燥し、皮がむけはじめるという変化も起ってしまいます。
?老猫の性格の変化と対策をチェック

 

肉球を傷つけないための対策とは

 

巻き爪になり、肉球を傷つけないようにするためには、爪を定期的に切ってあげる必要があります。シニア期に突入した老猫と生活している飼い主さんは、愛猫の爪をチェックしましょう。爪を切られるのをとても嫌がる猫もいます。そのため、子供のころから爪を切られることを習慣付けておくと、将来爪を切りやすくなります。

 

爪の切り方

爪を切る際、脚先を強く持ちすぎないようにすることが大切です。優しく持ち、少し爪を出してあげます。重要なことは深爪をしすぎないこと。猫の爪の根元には神経や血管が通っているため、気を付けなければいけません。爪の下半分がうっすらピンク色になっています。その部分をクイックと言い、この部分は触ってはいけません。とても痛がります。

 

爪を切る道具

爪を切る時は、人間用の爪切りではなく、猫専用の爪切りを使うことでとても切りやすくなります。また、ギザギザになった爪を丸くする爪やすりも用意してあげましょう。
最もポピュラーな爪切りはギロチンタイプと呼ばれるものです。

 

 

爪を切ることが苦手な愛猫は、バスタオルで包んだり、また洗濯ネットに入れ爪だけを外に出すという方法もあります。肉球の乾燥には、乾燥防止のクリームなどを塗り、保湿をしてあげましょう。

 

肉球にシミのようなものができる場合もあります。なんらかの病気の可能性も考えられます。もしもすでに肉球が傷ついてしまっている場合は、動物病院へ。治療費は2000円〜5000円程度で治療を受けられることが多いようです。

 

まとめ

 

老猫になると、爪とぎの動作をあまりしなくなります。その結果爪が伸び、肉球に刺さりケガをしてしまうことも。ケガがひどくなると化膿してしまう場合もあるため、定期的に爪が伸びていないのかチェックしてあげなければいけません。

 

猫専用の爪切りで、愛猫を傷つけないように気を付けましょう。暴れたり逃げ出したり、どうしても自宅での爪切りが負担だと言う場合は、動物病院で切ってもらうこともできます。
?老猫との暮らしトップへ