ここ最近の猫ブームは落ち着くことを知らず、ますます加熱しているような気がします。猫も人間と同じように歳をとります。老猫になった時に大切なことをご存じんでしょうか。毎日の食事は健康維持のための大切なプロセスのひとつ。シニア猫のために大切な食事ケアにとはどのようなことでしょうか。

 

キャットフード

 

キャットフードの選び方

 

毎日の食事は体を作る素となり、基本となるものです。その考え方は、私たち人間もそしてペットたちも変わりありません。昨今の猫ブームの中、猫をペットとして飼いはじめた人も多いのではないでしょうか。

 

子猫だった愛猫もいづれ老猫になります。そんな時に大切なのは、毎日の食事です。どのような食事をどのように与えるかによって、愛猫の寿命に変化が訪れる可能性もあります。では、どのようなキャットフードを選んであげればいいのでしょうか。

 

老猫になると、猫も私たちと同じように筋肉量が低下し、基礎代謝量が変化、また内臓機能も低下します。食事をする際に重要となる歯も弱ってきます。そのため、シニア用キャットフードを選ぶべきです。シニア用キャットフードを選ぶ時は、この点にポイントを。

 

  • カロリーが多すぎないもの
  • 脂質が少ないもの
  • ビタミンやミネラル群がバランス良く含まれているもの
  • アミノ酸やオメガ3脂肪酸配合のもの
  • 目の機能のためにタウリン配合のもの
  • 消化の良いもの
  • グレインフリーのもの
  • 無添加のもの

 

歳を重ね歯が弱くなると、どうしてもドライフードよりウェットフードを与えがちになります。確かに水分量は多いのですが、その分添加物の含有量も多くなることを知っておかなくてはいけません。噛みづらそうであれば、粒の小さいものに変えたり、ドライフードを水でふやかすなどの工夫を。
?食事量が減ってしまった老猫のケア方法

 

キャットフードの与え方と環境の整え方

 

老猫の食事管理で大切なことは食事の与え方とその食事環境の整え方です。食事は与えるだけではなく、食べやすい環境を整えてあげることがポイント。

 

食事の量と回数

食事の量は愛猫の年齢と体重によって変わってきますが、必要量は、キャットフードのパッケージ通りに与えるといいでしょう。愛猫の様子を見ながら調整を。そして、ポイントになるのが、食事回数です。シニアになると一度に食べられる量は減少してきます。まだ若い成猫は、1日約2〜3回のですが、老猫は1日4〜5回に増やしてあげましょう。

 

水の与え方

老猫になると、内臓機能が低下します。また、水分をきちんと摂る力も同時に低下していくため、泌尿器系の病気になりやすくなります。そのため水はたっぷりと与えることが大切です。食事のたびにたっぷり入った水を一緒に置いてあげてください。食事回数を小分けにすると、その分水分摂取量も増えます。理想的な水分摂取量は、体重1kgに対し60〜70mlと言われています。

 

食べやすい食器

老猫になると、首をグンと下げる姿勢が負担になり、喉に詰まらせたりもどしてしまう原因になる危険性があります。そのため、食べやすい食器を用意してあげてください。少し高さのある食器台や、食べやすいように前面がななめになっている食器など、シニアのための食器は数多く販売されています。

 

気を付けなければいけない食べ物

 

愛犬には絶対に食べさせてはいけないものがありますが、実は猫にも食べさせてはいけないものがあります。それはこのようなものです。中には命の危険があるものも含まれているため、ちょっとくらいはいいだろうという安易な考えは持たないようにすることが大切です。

 

  • ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ミョウガ・にんにくなど)
  • カカオ類
  • ぶどうやレーズン
  • アボカド
  • 生の肉
  • 生の魚
  • 牛乳
  • アルコール
  • アイスクリーム
  • 人間が食べるもの

 

自分が食べているものをついあげてしまうという人も多いかもしれませんが、人間用の食事は猫にとって味が濃過ぎます。また、体質的に合わないものが多いため、あげないようにしましょう。牛乳などは、猫用牛乳が販売されていますので、それらで対応してあげてください。

 

おやつのポイント

 

私たち人間と同じように、ペットたちもおやつが大好きです。ですが、与えすぎると病気や肥満の原因にもなるため、注意が必要です。現在のキャットフードは、ほとんどが総合栄養食です。必要な栄養素がすべて含まれているタイプが多いので、おやつは絶対に必要なものというわけではありません。与えなければ与えないでいいのです。

 

きちんと食事が摂れている愛猫であればいいのですが、あまり食事が摂れていない愛猫にはおやつで食欲を増したり、栄養を補給することもできます。その場合、あまり穀物が多く配合されていないものを選びましょう。原料はシンプルに。鶏のささみを使った物はタンパク質が豊富で低カロリー。また猫用チーズなどもおすすめ。チーズは無塩タイプにしてあげてください。

 

まとめ

若い時に比べ、シニア期の猫たちは身体機能の低下がみられるようになります。以前と変わらない食事内容であれば、内臓機能に負担をかけたり、また肥満を招く恐れもあるため、毎日の食事内容に気を使う必要があります。愛猫の健康と長生きの重要なポイントは、食事にあります。
?老猫との暮らしトップへ